飲む日焼け止め

SUNBLOCK

360度光防御の飲む日焼け止め 〜日頃のアンチエイジングケア・ブルーライト対策〜

飲む日焼け止め
飲む日焼け止め          

ヘリオケア360°は従来の『ヘリオケアウルトラD』よりも光防御作用がより強化されています。 従来と同じUV-A、UV-Bの防御だけでなく、従来のヘリオケア ウルトラロでは防ぎきれなかった可視光線、IR(赤外線)に対しても効果的です。
ブルーライト(可視光線)は、紫外線と波長が似ているためシミ、シワ、たるみなどの老化を引き起こすと言われています。 現在、リモートワークの方も増え、日焼け対策と同時にブルーライト対策にもオススメです。

このような効果が得られます

  • 紫外線(UVBとUVA)・可視光線
  • 赤外線による皮膚のダメージ(光老化)予防
  • 肌のアンチエイジング
  • しわ・たるみの予防
  • 色素沈着の予防・改善
  • 皮膚癌等の予防

飲む日焼け止めの成分

FernblockⓇ+

強力な光防御作用がさらにアップ。
光防御作用、抗酸化作用、可視光線、赤外線により誘発されるMMPを抑制。

N-アセチルシステイ

人体で最も強力な抗酸化物質の1つであるグルタチオンの合成を高めます。
解毒機序を促進し、UVAおよび可視光線によって誘発されるフラージカルを除します。
抗酸化作用、抗炎症作用、紫外線及び可視光線による酸化ダメージを防止する作用があります。

ナイアシンアミド

太陽光によるDNA損傷を抑制、ゲノム安定性の維持、DNA修復能の増強、抗炎症作用。

.FOS/GOS

腸内の微生物によって代謝される難消化性のオリゴ糖。
特定の普玉菌の成長および活性を選択的に促進し、悪玉菌の増殖を抑制することにより免疫系が良好に調整され、皮膚に有効な効果がもたらされることが認められています。皮膚の抵抗力を改善、シワの形成や皮膚の脱水を防ぎます。

ニコチンアミド

ビタミンB3の一種であり、エネルギー代謝とDNA修復に関係があります。
強力な抗酸化物質であり、皮膚のDNAの損傷を抑制します。

ビタミンC

抗酸化作用、コラーゲン合成。
1日の推奨量の2分の1が配合されています。

ビタミンE

酸化ダメージからの細胞保護

服用方法

外出30分前に1錠を服用してください。
効果は4時間です。長時間の外出の場合、1粒内服から4時間後に追加で1錠服用してくたさい。
塗る日焼け止めの供用を推奨します。

注意事項

妊娠中・授乳中の方は服用できません。

料金表

ヘリオケア360°

                 
30粒/カプセル8,800円
表示価格は税込です